石の店いながきと稲垣石材店の店舗写真

アーカイブ

現在ご覧のアーカイブ:July 2009

2009 / 07 / 10

Y家

20090710-yosiyamasinkokuin.JPG
石の種類 唐原みかげ 【産地:福岡県】

墓石の高さを、程よい高さにしたいというご要望にお応えして
名古屋型(愛知県とその周辺地域の標準型)の8寸角サイズに
当社独自の寸法割り出しで設計をしました。

背が高くない分、1段1段の間口*奥行を僅かに大きくして
安定感のある、どっしり型の墓石になりました。

特に、最下段には贅沢にも、1枚ものの石を使い
構造的にも格段に強度がアップしています。

また、総高さを押さえることによって、小柄なお年寄りでも
墓石に威圧されることなく、お墓参りができます。
お墓のてっぺんまで手が届き、お墓そうじもラクラクです。

Category: お墓

2009 / 07 / 10

T家

20090710-tatibanadaikoujiku.JPG
石の種類 唐原みかげ 【産地:福岡県】

ご実家(遠方)の古い墓石を処分したくないという思いで
新しい墓地へ移転改葬をいたしました。

墓石の風化損傷は激しく、やさしく扱わないと
ぼろぼろと崩れてしまいそうでしたが、接着剤と
セメントを併用して補修をいたしました。

新しい墓石と並んで設置することができ、ご先祖様を大切にする
施主様の願いが叶ってよかったです。

開眼法要・納骨式には30名以上のご親族が集まりましたが、
一様に安堵したご様子で、ほのぼのとした雰囲気の中で
式次第が滞りなく終えられたことに、私も温かい気持ちになりました。

Category: お墓

2009 / 07 / 10

Y家

20090710-yasunagakouitiryuuunin.JPG
石の種類 唐原みかげ 【産地:福岡県】

先々代夫婦、先代夫婦の夫婦墓石を処分することなく
新たに先祖代々之墓を建てたいというご要望でした。

墓地の形は変形した台形でしたので、設計には一苦労。
CAD設計した完成予想図で、詳細な配置を確認していただいたので
完成したお墓にお施主様も大満足でした。

ただ、この墓地は30段ぐらいの石段の上にありましたので
お墓の工事には一苦労しました。
足はパンパン、腰はガクガク、最後は膝が笑っていました。
少し年齢(44歳)を感じさせて頂いた、お墓工事でした。

Category: お墓

2009 / 07 / 10

S家

20090710-siotasobumi.JPG
石の種類 1704K12 【産地:中国黒龍江省】

お施主様は、10年ほど前にこの墓地を手に入れておられましたので、
今回は1周忌に間に合うように、ゆっくりとお墓工事をすすめました。

新家(分家)様はご不幸があると、葬儀、仏壇、墓地、墓石と
日常と出費とは違う高額な費用が必要になります。

将来に不安を残さないためにも、生前から墓地の確保をされることを
お勧めいたします。

Category: お墓

2009 / 07 / 10

K家

20090710-P-04-02kawano.JPG
石の種類 唐原みかげ 【産地:福岡県】

とにかく、どっしりとしたお墓をご希望になられましたので、
思い切った設計で、大きな部材を使用しました。

シンプルであっても、石材の重量感が伝わってきて
写真だけではこの質感がお伝えできないことが残念です。

使用石材の色目、石目が醸しだす表面の質感が
見事にマッチしたと言えます。

いつもキレイにお掃除がしてあり、拝見するたびに
私も嬉しくなり、ニコニコ、ニヤニヤしてしまいます。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

S家

20090710-saitoutaketoyo.JPG
石の種類 G654平和 【産地:中国福建省】

お施主様は、長年のお客様からのご紹介でご来店されました。
元気で気風のいいお客様でしたので、とても楽しく仕事を
させていただきました。

見晴らしの良い墓地に、堂々としたお墓が建ち
ご先祖様もお慶びのことでしょう。

たくさんのご親族に見守られて、建碑式・納骨式が済み
お施主様ご夫妻も安堵の表情をされていたことが、印象に残っています。

末永く、お墓守りに精を出して頂ければと思います。
私も1年点検を楽しみにしております。

Category: お墓

2009 / 07 / 10

Y家

20090710-P-03-27yokota.JPG
石の種類 ブルーパール 【産地:ノルウェー】

他のお客様の開眼法要・納骨式を終え、片付けをしていた時に
Y様と偶然お会いしたことが、ご縁を頂いたきっかけでした。

石種へのこだわりとシンプルなデザインをご希望されてみえましたので
展示モデルと墓地での施工例を参考にしながらの
お墓づくりになりました。

天候に恵まれた建碑式・納骨式では
いっぱいの日差しにきらめく石目がとてもキレイで
存在感のあるお墓に仕上がったと思います。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

Y家

20090710-P-03-18yositomi.JPG
石の種類 紀山石 【産地:福島県】

このお墓に使用されている紀山石は、昔から安定した人気のある石ですが、
近年は特にたくさんのご注文をいただきます。
整った石目は経年変化の影響は少なく、永くその美しさを保ちます。

知多墓園専用設計のこの墓石は佛石の下に(さお石)スリン台を
加えておりますが、標準寸法よりもやや大きく設計してありますので
見た目の安定感も損なわずに、全体のバランスも取れており良い仕上がりとなっています。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

M家

20090710-P-01-29matuda.JPG
石の種類 マハマブルー 【産地:インド】

お施主様とは最初のご来店から3年越しでのご縁となりました。
墓地探しからのスタートでしたが、ご家族の熱心さに心を打たれ
私もトコトンお付き合いをいたしました。

桜の大好きな故人への想いを、少しずつ形にしていき、
感謝の気持ちを「ありがとう」に託し、満開の桜を
正面上下に彫刻しました。

可愛らしい花びらは、やさしさ、あたたかさ、あかるさを
感じさせてくれます。

私も良いご縁を頂いたことを感謝いたします。
ありがとうございました。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

K家

20090710-P-01-20kuroyanagi.JPG
石の種類 G663 【産地:中国福建省】

お施主様はまだお若いご夫妻でしたが、亡きご尊父様のために
一生懸命になられていたことがとても印象に残っています。

菩提寺をまだお持ちでなかったので、ご寺院様のご紹介もさせていただき
無事に一周法要、建碑式、納骨式が済まれました。

ご親戚の方々も一様にホッとした様子でしたので、お施主様も一安心をされたのではないでしょうか。

ご家族にご不幸があり、通夜式、葬儀、告別式、四十九日、百ヶ日、一周忌までは
目まぐるしく過ぎてしまいます。
その間に、仏壇を準備し、墓地、墓石の手配をして建碑式、納骨式があります。
お施主様のご事情は百人百様ですが、ほとんどのお施主様が納骨式が無事に終わると
ホッとして肩の荷が降りたとおっしゃいます。

ご家族とのお別れの辛さと、同時にある責任感から少しだけ解放され、
前向きな意味でひと区切りがついたということでしょうか。
この先はお墓参りを生活サイクルの中に組み入れていただき、人生の喜怒哀楽を
亡きご家族と分かち合っていただければ、お墓づくりをお手伝いさせていただいた
私どももうれしく思います。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

K家

20090710-P-01-18kimura.JPG
石の種類 G654平和 【産地:中国福建省】

お施主様とはお墓建立後も墓地でときどきお会いをします。
やんちゃ盛りのお二人の子どもさんも、一緒にお墓参りに来られているお姿は
とても微笑ましく、私どもまで明るい気持ちになります。

子どもさんが10数年経って成人したころに、墓地でお会いしたら
私のことを覚えてくれているでしょうか?
いや、覚えていてくれなくてもけっこうです。
こちらからお声をかけさせていただいて、昔話をさせていただきます。
「当店でご契約の際に、やんちゃしすぎてお父さんにずいぶん叱られてましたよ」と。

末長くお付き合いをさせていただきます。今後もよろしくお願いいたします。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

U家

20090710-P-01-12usitani.JPG
石の種類 G670 【産地:中国福建省】

このお墓に使用した石は、輸入材の中でも特に人気があります。
お施主様も数ある石種の中から、ほとんど一目ぼれといった感じでご契約をいただきました。
展示場の中ではかなり濃い色合いに見えるのですが、太陽の下で見ると
深みのあるグリーン系の色合いが、高級感を醸し出します。

九州、宮崎県からの改葬のお骨もありましたので、改葬許可申請手続きの方法を
細かくご案内を申し上げました。
準備をしっかりされて帰郷されたので、スムーズな手続きができて良かったです。

今後も、お墓のことにかかわらず、仏事のことはなんなりとご相談ください。
お墓参りの折りには、お店にお立ち寄りください。
おいしいお茶でおもてなしいたします。

Category: お墓(知多墓園)

2009 / 07 / 10

K家

20090710-kuwayamasouyamaboti.JPG
石の種類 1704K12 【産地:中国黒龍江省】

この墓地は田んぼを埋め立てて造成した墓地です。
既に建っているお墓を拝見すると、傾いているお墓はありません。

しかし、念のために基礎工事の際には杭を打ち込み
基礎コンクリートと一体化させ、不同沈下を防止しました。
万が一の大きな震動でも効果を発揮します。

埋立地で敷地の限られた墓地は、むやみやたらに基礎コンクリートを
深く打つと、かえって面積あたりの比重が重くなり
悪影響を及ぼす原因になります。

Category: お墓

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索